村上春樹著「ダンスダンスダンス」の風景(その4)

羊男との再会

ホテルの受付の女の子(ユミヨシさん)から「旧いるかホテル」についての情報を得た「僕」は、図書館で詳細な情報を調べます。そしてある日、羊男との再会を果たします。

朝食はダンキンドーナツで

ホテルでの宿泊中、朝食は近くのダンキン・ドーナツでとるのが「僕」の日課になっていました。ダンキン・ドーナツはアメリカを本拠とする人気のドーナツショップで、1970年から1998年の間には、日本国内にも店舗を展開していました。「ホテルの朝食なんて一日で飽きる。ダンキン・ドーナツがいちばんだ。安いし、コーヒーもおかわりできる。」というほどのお気に入りで、「プレイン・マフィンを二つ食べ、大きなカップにコーヒーを二杯飲んだ。」とあります。

下に引用させていただいたのは韓国にあるダンキンドーナツの美味しそうなマフィンの写真です。ここでは朝食を食べながら新聞を読む「僕」の姿を想像してみます。

いるかホテルの記事から分かったこと

朝食後に図書館でホテル絡みのゴシップが掲載された週刊誌を探し出し、友人に依頼して「業界の裏側にすごく詳しい記者」からの情報も得ます。分かったことは、新いるかホテルの運営側が「政治的に決定された」方針に従って土地の買い占めをしたこと、旧いるかホテルの支配人は「『ドルフィンホテル』という名前を引き継ぐ」ことを条件に立ち退きに応じたことなどです。

下に引用させていただいたのは札幌市内で最大の蔵書がある中央図書館の写真です。こちらに「僕」の姿を置き、記事の一部をコピーしている様子をイメージしてみます。

五反田君

次の日も「僕」はダンキン・ドーナツで新聞を読みながら朝食をとります。映画欄には「僕の中学校の時の同級生が俳優になって準主役で出演している映画」があり、タイトルは「片思い」でした。「五反田亮一」というのが同級生の本名。「ハンサムで、スポーツ万能で、清潔で、足が長い役」が多く「初めのうちは大学生の役が多く、それから先生とか医者とか若いエリートサラリーマンとかの役が多くなった」とあります。

下に引用させていただいたのは、西島秀俊さんが20年ほど前に出演したドラマ「あすなろ白書」の写真です(左上)。村上春樹氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」を原作とした映画の主演もされていますね。ここでは「親切で、誠実で、重い上がったところがなかた。どんな服を着ても清潔でスマートで育ちがよさそうに見えた」という五反田君の姿を想像してみます。

古代エジプトの水泳教室を想像

「僕」はユミヨシさんを食事に誘いますが、スイミング・スクールがあるからと断られました。一人でバーに行った「僕」は古代エジプトにもスイミング・スクールがあったことに思いを馳せ、キャスティングを楽しみます。スクールの生徒にジョディー・フォスターが扮するクレオパトラ王女を配役し、水泳教師役に五反田君、彼と三角関係になるアビシニアの王子はマイケル・ジャクソンというユニークな設定です。

以下にはエリザベス・テーラー主演の映画「クレオパトラ」の一場面を引用させていただきました。ここでは、彼女の両脇に五反田君とマイケル・ジャクソンの姿を置いてみましょう。

寒くて暗い部屋で

妄想に浸っていた「僕」はバーテンダーから閉店の時間だと告げられます。エジプトの妄想を続けながらエレベーターの十五階(宿泊している階)のボタンを押しますが、着いた階は真っ暗闇。「もうBGMは聞こえなかった」、「空気はひやりとして、黴臭かった」とあります。

「遠くに小さな光」が見えたので進んでいくと「古い木製のドア」を発見しますが「ドルフィン・ホテルにこんな古いドアが存在するはずが」ありません。勇気をだしてノックすると「羊男」が現れ、「ずっと待ってた。中に入りなよ」と言います。そして、「古いテーブルをはさんで、僕らは話をした」とあります。「小さな丸いテーブルで、その上に蝋燭がひとつ置いてあるだけ」。ここでは下の画面の向こう側に羊男の姿を置いてみましょう。

羊男との会話

突然、「羊男」といってもイメージしにくいかと思います。下に引用させていただいたのは早稲田大学の村上春樹ライブラリー内にある写真スポットです。「ダンスダンスダンス」内での羊男は、「彼の着た羊の毛皮は昔より幾分薄汚れているように見えた。毛は固く全体的に脂じみていた。彼の顔を覆った黒いマスクも、僕が記憶していたものよりはずっと貧相に見えた。」とあります。

ここでは、背景に蝋燭による羊男の揺れる影をイメージし「踊るんだよ。音楽の続く限り」と「僕」に語りかける姿をイメージしてみましょう。

BGMが流れる現実の世界に帰還

羊男の部屋を出た「僕」はエレベーターの十五階のボタンを押すと、今度は照明のある見慣れた場所に着きました。「天井に埋め込まれたスピーカーからは」、「ヘンリー・マンシーニの『ムーン・リヴァー』」が流れてきます。以下に引用させていただいたような音楽を聴いて、ほっとする僕の姿を想像してみましょう。

羊男との出会ったことをきっかけに、ストーリーの展開が加速化していきます。次回は前作の「羊をめぐる冒険」でパートナーだった「キキ」に関する情報を得て、次のステップを踏み出すところまでの風景を追っていく予定です。

旅行の情報

早稲田大学・村上春樹ライブラリー

早稲田大学国際文学館は、昨年(2021年)の11月に開館した比較的新しい施設です。同大学卒の村上春樹氏が寄贈された資料やレコードなども収蔵し、「村上春樹ライブラリー」とも呼ばれています。

1階のギャラリーラウンジに行くと、上でご紹介した羊男のイラストと写真を撮ることができます。ほかにも地下1階から2階に通じる「階段本棚」や、カフェなどもあるのでゆったりと過ごすことができるでしょう。

【住所】東京都新宿区西早稲田1-64
【アクセス】都電荒川線・早稲田駅から徒歩約4分
【公式サイト】https://www.waseda.jp/culture/wihl/

横須賀米軍基地・フレンドシップデー

「僕」が札幌の朝食場所としていた「ダンキンドーナツ」は日本からはすでに撤退していますが、一部の在日米軍基地の中では現在も営業を続けています。例えば横須賀米軍基地ではフレンドシップデーなる交流イベントを定期的に実施していて、ダンキンドーナツも購入できるようです。

下に引用させていただいたように1ダースでの販売ですが色とりどりで美味しそうですね。今年の実施日は未定ですが昨年は10月に実施されていました。気になる方は横須賀市の観光情報をチェックしてみてください。

【住所】神奈川県横須賀市稲岡町82
【アクセス】京急・横須賀中央駅から徒歩約15分
【参考サイト(昨年の開催情報)】https://www.cocoyoko.net/event/friendship-day.html